MENU

個人情報扱い方針

Skip

人気ブランド順位

TOP 100人気順位100

NEW ARRIVAL新商品

CATEGORYカテゴリー

CUSTOMER CENTERお問い合わせセンター

気になることがございましたらいつでもお問い合わせください!
お問い合わせする

月~金 午前10時~午後5時
土曜日 午前10時~午後3時
日曜日・祝日お休み

BANK INFO振込先ご案内

  • 銀行名 三菱東京UFJ銀行
  • 支店名 玉出(タマデ)
  • 口座番号 0227392
  • 名義 ユンヒヨンスン

COMMUNITYコミュニティー

OUR SERVICESサビース案内

個人情報扱い方針

個人情報扱い方針

1.1総則

 

①個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれている氏名、住所などの事項によって当該個人を認識可能な符号、文字、音声、音響と映像などの情報(当該情報だけでは特定の個人を識別することができなくても、他の情報と容易に結合して識別することができるものを含みます)をいいます。

 

② FC(以下「個人事業者」)は、お客様の個人情報の保護を非常に重要視し、「個人情報保護法」、「情報通信網利用促進及び情報保護に関する法律」などの個人情報保護に関する法律および下位法令に準拠しています。

 

③会社は、個人情報の処理方針を通じて顧客が提供する個人情報がどのような用途と方式で利用されており、個人情報保護のためにどのような措置が取られているかどうかお知らせします。会社は、個人情報の処理方針をホームページのメイン画面に公開することにより、いつでも容易に見ることができます。

 

④会社は、個人情報の処理方針の継続的な改善のために改正するのに必要な手続きを定めており、個人情報の処理方針を会社のニーズと社会の変化に合わせて変更することができます。

 

1.2個人情報の収集に対する同意

 

①会社は、顧客が企業の個人情報の収集、利用および利用規約の内容について「同意する」ボタンまたは「同意しない」ボタンをクリックすることができる手続きを用意して、「同意する」ボタンをクリックすると、個人情報収集に対して同意したものとします。 「同意しない」を選択することは、会社が提供する基本的なサービスの提供が制限されます。

 

②インターネットを通じた合意手続きを用意するのは難しい場合には、会社は同意必要事項を電話、書面等の方法で法的手続きを経て同意を得ることができます。

 

1.3個人情報の収集項目および利用目的

 

①会社は、会員登録や物品を注文する場合は、以下の個人情報の項目を、次のような目的のために収集しています。ただし、お客様の個人情報を収集する場合には、その目的に必要な最小限の個人情報を収集しています。

 

会員登録時に収集した情報収集の目的(必須項目)

- 収集項目:ID(Eメール)、パスワード、名前、電話番号、14歳以上かどうか※CATVの場合は、ID、パスワードを除く

- 収集目的:会員特定と通知伝達、本人の意思を確認し、クレーム処理など円滑な意思疎通経路の確保

- 利用期間:会員登録を撤回時まで

物品購入時に収集した情報収集の目的(必須アイテム、非会員購入同じ)

- 収集項目:本人確認情報(CI、DI、生年月日、性別など本人確認に必要な情報としては、最初本人認証時に1回のみ)、受け取る顧客名、配送先住所、配送先、クレジットカード、銀行口座番号など決済手段の情報

- 収集目的:購入した物品の配送/設置など顧客と締結した契約の履行、不満処理などのための本人確認に利用

- 利用期間:収集目的を達成時まで

マーケティング(イベント、プロモーションを含む)目的の収集情報収集目的(選択項目)

- 収集項目:氏名、電話番号、携帯電話番号(文字発送、プッシュ発送)、電子メールアドレス、お届け先住所、郵便宛先アドレス、結婚するかどうか、結婚記念日など

※収集項目は、マーケティング目的に応じて異なり、、景品受領による租税公課処理時には、所得税法に基づいて住民登録番号などを追加で収集することができます。

- 収集目的:新商品プロモーションおよび販売勧誘などのマーケティング目的に活用

- 利用期間:同意を撤回するまで

保険、旅行などハッピーコール相談(選択項目)

- 収集項目:氏名、生年月日、性別、電話番号など

※ハッピーコール商品により異なります。

- 収集目的:お客様ごと商品相談(見積など)

- 利用期間:同意を撤回するまで

非会員注文(必須項目)

- 収集項目:氏名、メールアドレス、携帯電話番号、受取人の氏名、お届け先住所、お届け先連絡先、クレジットカード、銀行口座番号などのお支払い情報

- 収集目的:購入した物品の配送/設置など顧客と締結した契約の履行、不満処理などのための本人確認に必要

- 利用期間:収集目的を達成時まで

海外クリアランス商品を購入(必須項目)

- 収集項目:個人通関固有のコード

- 収集目的:関税法に基づく税関申告

- 利用期間:収集目的喪失時まで

サービス利用作成され、収集された情報

- 収集項目:IPアドレス、サービス利用記録、接続時間などのログ、クッキー、モバイル機器情報(OSのバージョン、広告識別子など)など

※クッキーの場合は、ブラウザを終了またはログアウト時期限切れ

- 収集目的:本人確認とサービス利用統計

②ただし、お客様の基本的人権侵害の恐れがある敏感な個人情報(人種や民族、思想および信条、出身地および本籍地、政治的性向と犯罪記録、健康状態、および性生活など)は、お客様から別途の同意を受けたり、法律に根拠がない以上収集しません。

 

③会社は、顧客がアフィリエイトに当社提供の同意をして、会社が関連会社から間接的にお客様の情報を収集しになった場合には、お客様にその内容をお知らせします。

 

④会社は、顧客に財やサービスを宣伝したり、販売を勧誘するために、個人情報の処理のために同意を受けようとするときには、顧客がこれを明確に認識することができるよう知らせ同意を受けます。

 

⑤会社は、モバイルアプリのサービスのために、顧客の移動通信端末内の情報と機能の下点についてアクセスをします。必須アクセス項目はアプリのインストールや初期実行時のガイドと同意を受け、選択アプローチの項目は、サービス進入時、別途同意を受けます。選択アプローチ項目の場合は、OSのバージョンに応じて、同意される方法が異なる場合がありますが、お客様が拒否だとしても基本的なサービスの利用には制限がありません。

⑥会社は不法カード取引の防止のために必要な措置をとることができます。

 

1.4個人情報の保有期間

 

①お客様の個人情報は、次のように個人情報の収集目的または提供を受けた目的が達成時まで利用するが、「電子商取引等での消費者保護に関する法律」、「通信秘密保護法」、「国税基本法」など関連法令の規定により、次のように取引関連の権利義務関係の確認などを理由に一定期間保有しなければならする必要がある場合には、一定期間保持します。

 

「電子商取引等での消費者保護に関する法律」による保管

が)契約または申込撤回などに関する記録:5年

b)代金決済及び財貨などの供給に関する記録:5年

c)消費者の不満または紛争処理に関する記録:3年

「通信秘密保護法」施行令第41条による通信事実確認資料保管

コンピュータ通信、インターネット、ログ記録資料、接続か追跡番号:3ヶ月

国税基本法などに基づいて取引記録などを保管する場合は、(除斥期間による10年)

消費者基本法等によるA / Sの要求を受信し、処理する場合(品目に応じて最大8年)

製造物責任法などによる損害賠償の要求を受信し、処理のための場合、10年

③会員脱退時不正利用防止のために3ヶ月間保管した後、削除し、取引のある場合には、法律に基づいて別途保管します。

 

④個人情報を破棄せずに保存する場合には、他の個人情報と個人情報ファイルと分離して保管し、その目的を達成するための目的でのみ利用します。

 

⑤会社は「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」第29条第2項に基づいて12ヶ月間利用内訳(ログイン、注文、相談など)がないお客様の個人情報は、他の会員の個人情報と分離して別に保存・管理します。同社は、スパンの個人情報を法定保管期間経過後破棄し、それに応じて会員は、会員資格を喪失することができます。また、分離保管30日前までに個人情報が分離されて格納さ・管理されているという事実と、期間満了日および当該個人情報の項目を電子メール・書面・模写伝送・電話または類似の方法のいずれかの方法で会員に通知します。

 

1.5目的外使用及び第3者への提供と共有

 

①会社は、顧客の個人情報を「個人情報の収集目的及び利用目的」で告知した範囲内で使用し、同範囲を超えて利用したり、他人または他企業、機関に提供しません。特に、次の場合は、注意を払って個人情報を利用および提供します。

 

委託処理:契約を履行するために、お客様の個人情報を委託処理する場合は、必ず事前に委託処理業者名と業務委託目的などについて詳細に告知します。委託処理は、契約を履行するために、必ず委託業者に個人情報を提供する必要があり、「電子商取引消費者保護法」などによる根拠があります。したがって委託業者に個人情報を提供することを拒否した場合には、当社のサービスを提供していません。

提携及び第三者への提供:より良いサービスを提供するために顧客の個人情報の提供に対する同意を求めた後、提携会社に提供したり、または提携会社と共有することができます。個人情報を提供したり、共有する場合は、事前に会社が誰なのか、提供または共有される個人情報の項目が何なのか、なぜそのような個人情報が提供されるか、または共有されるべきか、そしていつまでどのように保護/管理されるのかについて、個別に電子メールおよび書面で通知して同意を求める手続きを経るし、同意しない場合には、提携会社に提供したり、共有していません。提携関係に変化があるか提携関係が終結する時も同じ手順によって告知したり、同意を求めます。

売却、買収など:売却や買収などによって、個人情報が他の事業者に承継/移転される場合は、必ず事前に正当な事由と手続きについて詳細に告知するもので、お客様の個人情報に対する同意撤回の選択を許可します。

②告知と同意方法はオンラインホームページの初期画面のお知らせを通じて告知と同意たり電子メールなどを利用して、個別に通知と同意することができます。

 

③次は例外とします。

 

お客様から別途の同意を受けた場合

関係法令により捜査上の目的で関係機関からの要求があった場合

統計作成、学術研究や市場調査のために、特定の個人を識別できない形で広告主、パートナーや研究団体などに提供する場合など

1.6個人情報の閲覧及び訂正

 

①お客様はいつでも登録されている本人の個人情報を閲覧したり訂正することができます。個人情報の閲覧及び訂正をしようとする場合には、「個人情報の変更」をクリックして、直接閲覧または訂正したり、個人情報管理責任者と担当者に書面/電子メール/模写伝送と電話で連絡すれば本人確認の手続きを経て、遅滞なく措置します。ただし、IDは変更が不可能でやむを得ない事由に変更しようとする場合は、そのIDを解約した後、再加入する必要があります。再加入時には、既存のIDを使用することができません。

 

②会社は、顧客から前項の要求がある場合、法定期限内にその要求に応答します。ただし、この場合、その期間内に応答することができない正当な事由があるときは、お客様にその理由を通知し延期することができ、その事由が消滅した場合は、遅滞なく応答します。

 

③ただし、以下の場合には、閲覧を制限したり、拒否することができ、その理由をお知らせします。

 

法律に基づいて閲覧等が禁止または制限されている場合

他の人の生命、身体を害するおそれがあるか、他の人の財産とその他の利益を不当に侵害するおそれがある場合

ひたすら会社を害する目的で要求したり、繰り返し要求するなど、会社の業務の遂行に重大な支障をきたす場合

その他の閲覧を制限したり、拒絶することが客観的に妥当な場合

④会社は、「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」第30条の2に基づいて、個人情報の利用履歴をその顧客に定期的に(年1回以上)に通知します。

 

1.7個人情報の収集などの同意撤回、削除、および処理停止

 

①会員登録などを通じて個人情報の収集、利用、提供についてお客様が同意した内容をいつでも撤回するか、削除、および処理停止を要求することができます。同意撤回はホームページの画面の「情報の変更」から「退会」をクリックすることにより、求めることができるが、直接個人情報管理責任者に書面、電話、E-mail等でご連絡ください本人確認の手続きを経て、すぐに会員脱退のため必要な措置をします。

同意撤回をして、個人情報を破棄するなどの措置をとった場合には、その事実を顧客に遅滞なく通知するようにします。

 

②会社は、個人情報の収集に対する同意撤回(会員脱退)を個人情報を収集する方法よりも簡単にできるように必要な措置を取る。

ただし、前明らかにしたように、個人情報を保存する場合には、例外的に処理することができます。

 

③個人情報の収集目的を達成した後、個人情報を破棄するときは、次の各号の方法によります。

 

紙に出力された個人情報:粉砕機で粉砕したり焼却

電子ファイルの形で保存された個人情報:記録を再生することができない技術的方法を使用して削除

④他人の個人情報を盗用して会員登録などをしたことを知ったときは、遅滞なく、その名のサービス利用停止または会員脱退など、必要な措置をとることができます。また、自分の個人情報の盗難を認知したお客様は、その名のサービス利用停止または会員脱退を要求する場合にも、必要な措置をとることができ、警察の捜査に必要な場合には、所定の手続きを経て、捜査機関にその内容が提出されることがあります。

 

1.8クッキー(Cookie)など、個人情報の自動収集装置の設置、運用、拒否

 

①会社は、顧客に関する情報を保存し、一方で、クッキー(cookie)」を使用します。クッキーは、ウェブサイトがあなたのブラウザ(ネットスケープ、インターネットエクスプローラなど)に転送する少量の情報です。顧客がウェブサイトに接続をすれば、会社のコンピュータは、顧客のブラウザのクッキーの内容を読んで、追加情報をお客様のコンピュータなどで見つけ接続による氏名などの追加入力なしにサービスを提供することができます。

また、顧客はクッキーに対する選択権があります。ウェブブラウザの上部の[ツール]> [インターネットオプション]タブ(option tab)ですべてのクッキーをすべて受け入れるか、クッキーがインストールされるときに通知を送信するようにしたり、またはすべてのクッキーを拒否することができる選択を持つことができます。

 

②会社は、次のような目的のために、クッキーを介して収集された利用者の個人情報を使用します。

 

会員と非会員の接続頻度や訪問時間などを分析し、利用者の好みや興味を把握して、ターゲット(target)マーケティングおよびサービス改編などの尺度として活用します。

ショッピングれた項目についての情報と関心を持って見て回った品目の跡を追跡して、次回のショッピング時に個人的なサービスを提供するために利用します。

会社が進行する各種イベントでの利用者の参加度と訪問回数を把握して差別的な応募の機会を付与して、個人の興味に応じて差別化された情報を提供するための資料として利用されます。

③クッキーはログアウト時にPCに保存されずに削除されるようになっているので、公共の場所や他人が使用することができるPCをご使用の場合には、ログイン後のサービスの利用が終了したら、必ずログアウトをしてください。

 

④IPアドレスと接続機器情報

 

IPアドレスは、インターネット網事業者がインターネットに接続する利用者のPCなどの機器に付与するオンラインアドレス情報です。

機器情報は、機器の駆動のために使用されているS / Wを介して確認可能な情報を指します。 OS(Windows、MAC OSなど)、接続したブラウザの種類などを収集し、モバイルアプリ接続の場合は、モバイルプラットフォーム固有の情報などを意味します。

1.9個人情報保護のための技術と管理的対策

 

①技術的対策

 

会社は顧客の個人情報を処理する場合において、個人情報が紛失、盗難、流出、偽造・変造または毀損されないように安全性確保のために、以下のような技術的対策を講じています。

 

お客様の個人情報は、パスワードによって保護され、ファイルと転送データを暗号化したり、ファイルロック機能(Lock)を使用して、重要なデータは別途のセキュリティ機能を使用して保護されています。

同社は、ワクチンプログラムを利用して、コンピュータウイルスによる被害を防止するための措置を取っています。ワクチンプログラムは、定期的に更新され、突然のウイルスが出現した場合、ワクチンが出てくる、直ちにこれを提供することで、個人情報が侵害されることを防止しています。

同社は、暗号アルゴリズムを利用して、ネットワーク上の個人情報を安全に送信することができるセキュリティデバイス(SSLまたはSET)を採用しています。

ハッキングなど外部からの侵入に備えて、各サーバーごとに侵入遮断システムおよび脆弱性分析システムなどを利用して、セキュリティに万全を期しています。

②管理的対策

 

会社は個人情報ハンドラを最小限の人員に制限し、個人情報を処理する職員を対象に、新しいセキュリティ技術の習得と個人情報保護の義務などについて定期的な社内教育および外部委託教育を実施しています。

個人情報関連ハンドラの業務引継ぎは、セキュリティが維持された状態で徹底的に行われており、入社と退社後、個人情報事故に対する責任を明確化しています。

電算室および資料保管室などを特別保護区域に設定して出入りを統制しています。

会社は利用者の個人のミスで起こっていることについての責任を負いません。会員一人一人が本人の個人情報を保護するために、自分のIDとパスワードを適切に管理して、それに対する責任を負います。

その他の内部管理者のミスや技術管理上の事故により個人情報の喪失、流出、偽造・変造、毀損が誘発される場合、会社はすぐに利用者に事実を知らせ、適切な対策と補償を講じています。

③その他の「個人情報保護法」、「情報通信網利用促進及び情報保護に関する法律」による技術的、管理的対策を遵守します。

 

1.10リンクサイト

 

①会社は、顧客に他の会社のウェブサイトやリソースへのリンクを提供することができます。この場合、会社は外部サイト及び資料のいかなる統制権がないため、そこから提供されるサービスや資料の有用性について責任を負うことができません。保証することはできません。

 

②会社が含まれているリンクをクリックして(click)して他のサイト(site)のページに移る場合、そのサイトの個人情報の処理方針は、会社とは無関係なので新たに訪問したサイトの方針を検討してみてください。

 

1.11投稿

 

①会社は、顧客の投稿を大切に考え、偽造・変造、毀損、削除されないように最善を尽くして保護します。ただし、以下の場合はそうではないです。

 

スパム(spam)性の投稿(例:幸運の手紙、8億メール、特定のサイトの広告など)

他人を誹謗する目的で虚偽事実を流布して他人の名誉を毀損する文

同意のない他人の身元開示、会社や第三者の著作権などの権利を侵害する内容、その他の掲示板の主題と他のコンテンツの投稿

②会社は、望ましい掲示板文化を活性化するために同意のない他人の身元公開時に特定の部分を削除したり、記号などに修正して公開することができます。

 

他の主題の掲示板に移動可能な内容である場合、その投稿に移動経路を明らかに誤解がないようにしています。

それ以外の場合は、明示的または個別の警告後、削除措置することができます。

③ポストを作成する場合には、関連する法律によってログイン等の本人確認手続きを用意することができます。基本的に記事に関連する諸権利と責任は著者個人にあります。また、ポストを介して自発的に公開された情報は、保護される難しいので、情報公開前に検討してください。

 

1.12個人情報の委託現況

 

①会社はサービス向上のため、お客様の個人情報が必要な場合に同意など法律上の要件を具備して、外部に収集、処理、管理などを委託して処理することができ、個人情報の処理に関連して以下のように業務を委託しており、関係法令に基づいて委託契約時の個人情報が安全に管理されるように、必要な事項を規定しています。また、共有する情報は、当該目的を達成するために必要な最小限の情報に限定されます。する受託者全体に個人情報が提供されている事項はなく、会員のサービス要求に応じて対応するメーカーに選択的に提供されます。

当社の利用規約に違反したり、サービスを利用して他人に被害を与えたり、公序良俗を害する違法行為をした者などに法的措置をとるために個人情報を開示しなければならないと判断される場合

法令の規定により、又は、捜査上の目的で法令に定められた手続きと方法により捜査機関の要求ある場合

ご注文商品発送時に業務上配送業者に最小限の配送情報を提供するか、サービスの履行のために提供が避けられない場合

統計作成、学術研究、市場調査、情報提供や告知案内メール発送の場合、特定個人を識別できない形態で提供されている場合

1.13利用者の注意事項

 

①お客様の個人情報を最新の状態に正確に入力して、不意の事故を予防してください。利用者が入力した不正確な情報に起因する事故の責任は利用者自身にあり、他人の情報の盗用など虚偽の情報を入力する場合、会員資格が喪失されることがあります。

 

②あなたは、個人情報を保護される権利と一緒に自分自身を保護し、他人の情報を侵害しない義務も持っています。パスワードを含むあなたの個人情報が流出しないように気をつけて投稿を含む他人の個人情報を毀損しないように注意してください。もしこのような責任を果たさず、他人の情報と尊厳を毀損する時には「情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律」などによって処罰されることがあります。

 

1.14意見収斂とクレーム処理

 

①当社は、お客様のご意見を大切に考え、あなたは質問からいつも誠実な回答を受ける権利があります。

 

②当社は、お客様との架け橋コミュニケーションのために、次のように苦情処理センターを運営しています。

 

【個人情報の苦情処理部門】(KR)

- 電子メール:SGS20169495@GMAIL.COM(内容をお送りするときに連絡可能な電話番号、携帯電話番号を書いてくれれば幸いです。)

- 電話番号:+82-010-5874-1710(代表相談)

会社は利用者の個人情報保護に関連する苦情に迅速かつ誠実に回答いたします

 

③その他の個人情報に関する相談が必要な場合には、個人情報侵害申告センター、最高検察庁科学捜査部サイバー捜査課、警察庁サイバー安全局などでお問い合わせすることができます。

また、利用者が個人情報の侵害を介して金銭的/精神的被害を被った場合には、個人情報紛争調整委員会に被害救済を申請することができます。

 

◑個人情報侵害申告センター(KR)

- 電話:118

- URL:http://privacy.kisa.or.kr

◑最高検察庁科学捜査部サイバー捜査課

- 電話:02-3480-2000

- URL:http://www.spo.go.kr

◑警察庁サイバー安全局(KR)

- 電話:182(警察苦情コールセンター)

- URL:http://www.cyberbureau.police.go.kr

1.15個人情報管理責任者及び担当者

 

会社は利用者の個人情報保護に関連する苦情に迅速かつ誠実に回答いたします。あなたが良い情報を安全に利用できるように最善を尽くしています。個人情報を保護する上で、お客様に告知した事項に反する事故が発生した時に、個人情報の管理責任者がすべての責任を負います。

利用者の個人情報を処理する責任者は、次のとおりで個人情報に関するお問い合わせに迅速かつ誠実に回答しております。

 

◑個人情報保護責任者

- 名:YOU DAEHYUB

- 所属:経営

- 座位:代表

- 電子メール:sgs20169495@gmail.com

1.16子どもの個人情報保護

 

同社は、法定代理人の同意が必要ですが、現実的に法定代理人の同意を受けにくいが、14歳未満の児童の会員登録はされていません。

 

1.17広告性情報送信

 

①会社は、利用者の明示的な受信拒否の意思に反して電子的伝送媒体を利用した営利目的の広告性情報を送信しません。

 

②会社は、商品情報のご案内など、オンラインマーケティングのための広告性情報を電子的伝送媒体に送信した場合、情報通信網法の規定に基づいて広告性情報の件名と本文欄に利用者が簡単に調べることができるように措置します。電子メールの方法を例示すると、以下の通りです。

 

タイトルなど始まる部分:(広告)というフレーズを表記します。

本文欄:送信者の名称、電子メールアドレス、電話番号、住所などの利用者が受信拒否の意思を簡単に表示することができる方法を指定します。

③青少年に有害な情報を電子メールで送信する場合にも、情報通信網法に基づいて青少年有害媒体物あることを示します。

 

④金融商品のご案内に同意した利用者にはテレマーケティング、電子メール、SMSなどの方法で保険商品の関連商品のご案内、勧誘や付加サービスの案内をすることができます。

 

1.18告知の義務

 

①個人情報の処理方針は、政府の政策や保護措置などの会社の方針変更により内容の追加、削除、変更がある場合には、変更される個人情報の処理方針を施行する前に、ホームページの「お知らせ」欄を介して、少なくとも7日以前に(顧客に不利な内容の場合、30日前まで)は、遅滞なく通知します。

 

個人情報の処理方針の施行日:2017-03-23

    ※以前の個人情報の処理方針は、PC、Webで確認可能です。


ABOUT US

レプリカカミレをご利用頂いてありがとうございます。

COMPANY :
U&I COR
ADDRESS :
286 Hiranochō Hyōgo-ku, Kobe, Hyogo
[返品住所とは異なりますのでご注意ください。]
事業者登録番号 :
359-22-44755
通信販売業申告番号 :
2017-1C2B57775
代表者 :
KWANG MIN YOUNG
個人情報保護責任者 :
KWANG MIN YOUNG
メールアドレス :
kamire7979@gmail.com
個人情報保管期間 :
会員脱会まで